マツダMPVの装備

マツダMPVの装備としては、3列シート、両側電動スライドドア、多彩なシートアレンジなどがあります。3ナンバー枠のゆとりのあるボディーに3列シートを装備していて、どの座席に座っても窮屈な印象がありません。また、シートアレンジとして、収納すると荷室が広く使えるようになる3列目シート折り畳み機能、2列目シートの左右両席スライド機構などがあって、これらの機能を活用することで、サーフボードやスキー板を車内に入れて目的地に行ったり、大きな荷物を積むこともできるので、実用性を求める人に最適のモデルとなっています。2列目シートも独立したキャプテンシートとなっていて、横にスライドさせれば、キャプテンシート同士をくっつけてベンチシートとして使うことができます。そして、電動スライドドアは運転席まわりのスイッチ、ドアノブ、Bピラーまわりのスイッチ、リモコンなど4か所で操作できて、様々な状況で活用できます。ATはコラムシフトとなっていて、前席でも左右に移動ができ、前席から2列目シートまで、そして3列目シートまで車内で移動できるので、便利な設計となっています。


結婚